社労士DVDは時間が限定されない勉強法

DVDの勉強は、時間が限定されません。素晴らしいですね~。
学生の頃に資格を取ったときは、バイトをしていたとはいえ、
それでも時間がわりとたくさんあったので、勉強時間について頭を抱えることがありませんでした。
でも、社会人になったら別です。
いくら早く帰れるとしても、日中の労働の疲れがあるので、勉強する気になんてなれないのです。

行政書士の資格を取ったのは、社会人1年生のときでした。
そのときは、まだ残業も多くなく、休日も一定だったため、通学の講座を受講しました。
当然のことながら、通学の講座は時間が決まっています。普通の学校と同じです。

そのときは、通学じゃないと受からないと思っていました。
法律のことなどまったく知らないので、専門家に教わらないとできないのではないかと。
結果として一度で受かったので学校に通ったことを後悔はしていません。
ただ、体力的につらかったという思い出になってしまいました。

通学の講座は、社会人にとってはなかなかつらいと思います。
平日の夜や週末がつぶれるので、仕事の疲れが抜けないまま、
スケジュールを次々にこなす感じです。
体がだるくても、「とりあえず会社に行く」「とりあえず学校に行く」そんな毎日でした。

そんな体験もあり、社労士の勉強は学校に通うのを躊躇していました。
行政書士をとったときよりも仕事が忙しくなっていたので、
「あの時と同じことはもうできないな・・・」と思ったからです。
でも同時に、「行政書士より社労士のほうが難しいのに、
学校に行かなきゃ受からないだろうな・・・」という気持ちもありました。

そんな中、通信教育の学校フォーサイトを見つけて、
さっきから紹介している社労士DVDに出会いました。
通学より時間が自由、かつ通学同様先生に教わることができる!
それでやってみようという気持ちになりました。

DVDは時間が限定されない上、万一集中力が極端に低くて頭に入らなくても、
再度見ることができます。
手元にメディアがあるので、何度も何度も繰り返し見ることができるのです。
おかげで、自分のスケジュールに合わせて、いつでもかなり自由に学ぶことができました。

もちろん、ほかの通信講座でも時間は自由です。
でも、わたしが知る限り、DVDがついている社労士講座はフォーサイトだけです。
テキストだけの勉強は、簿記くらいがぎりぎりです。
行政書士は、通学じゃなくて通信でも可能だったと思いますが、
テキストだけなら無理だったと思います。
社労士はそれの5倍くらいの内容を学ぶので、たぶん絶対に無理に近いです!

>>社労士に最短で合格するための勉強法とは<<