社労士DVDは動画で学べる学習法

書き出しが但書で申し訳ありませんが、社労士は簡単な試験ではありません。
ただ、DVDで勉強したことで、ほかの勉強法よりも簡単に合格できたのではないかというだけです。
たぶん絶対にそうです!

社労士の勉強を始めるときには、教材探しからはじめると思います。
通常は、教材探しとテキスト探しがイコールだと思いますが、
それは独学で取れる簡単な資格の話です。
国家資格クラスの難関資格に挑むなら、プラスアルファの教材が強い味方になってくれます。

そこでやっと本題ですが、わたしが感激したDVD教材の学習法についてお話したいと思います。
メリットはいくつもありますが、その中のひとつに動画で学べる学習法であるということが
あげられます。

テキストを読んで覚えるのと、動画を見て覚えるのでは、同じ暗記でもまったく苦労が違います。
このことは、容易に想像できると思います。
最近は、電化製品の取扱説明書も、簡単なCDやDVDが付属されていますよね。
そのほうが早く頭に入るからではないでしょうか。

テキストでの学習は、学ぶことに違いはありませんが、教わるという要素を感じられません。
あくまでも一人で必死に覚えるだけです。でも、動画では、教わっているという実感があります。
学校に通ったり、塾に行ったりするのと同じです。
自分で勉強したってよいのに、わざわざ教わりに行ってましたよね?
それは、教わったほうが正確でわかりやすく頭に入れることができるからです。

わたしの場合は、通信講座のDVD教材を使ったので、基本的には自宅学習でした。
にもかかわらず、教わるという体験ができました。DVDがあったからです。
そうでなければ、難しい社労士試験範囲の法律を、ひたすら覚えるか、
途中で挫折していたかもしれません。

DVDの中の先生は、わかりやすく説明してくれます。社労士試験を山登りにたとえると、
最初はどんな高い山を登るのかよくわかっていませんでしたが、講義を聴くうち、
どれくらい高い山で、どのルートで登って、どれくらいかけて登るのか、
はっきりとわかるようになりました。

目標が明確になると、驚くほど学習意欲がわいてきます。
社労士の試験は、それまで受けてきた試験の中で最も難関だったのですが、
頭で考える以上に近づいた感じがしました。教えてもらえるという体験は貴重なものです。

>>社労士に最短で合格するための勉強法とは<<