社労士はDVDで勉強すれば簡単に受かる

社労士を目指している皆さん、こんにちは。
自称資格マニアのゆかぽんです。まだ、マニアの卵って感じですけど・・・。

今まで取った資格は、漢字検定、珠算検定、秘書検定、簿記、ファイナンシャルプランナー(FP)、
測量士、行政書士、そして社労士です!
こんな数々の試験への挑戦経験をもとに、社労士学習の教材について意見を述べたいと思います。
というか、初めて出会ったDVD教材の感激をお伝えするのが中心なんですけど。

そもそもわたしが資格マニアになったのは、さかのぼること小学生の頃のことです。
担任の先生の方針で、漢字検定を受けました。
試験日が目標となり、がんばった勉強が達成感となり、合格が自信になりました。
子供の頃は、なぜ勉強しなければならないのかわからなかったので、
明確な合格を目指す検定試験が楽しかったのだと思います。
珠算検定も同じ感じで、こちらは習い事でしたが、
“級”が上がり“段”に進むのがうれしくてたまりませんでした。

おそらく子供の頃に体に沁みこんだのでしょう。試験好きになったのは。
中学、高校は、進学の受験勉強があったので全国模試などが検定の代わりになっていましたが、
大学生になって、また資格の勉強に励むようになりました。

大学時代は、忍んでキャバクラのバイトをしてお金をつくり、たくさんの時間を
資格の勉強にあてました。
普通のバイトよりも3倍稼げるので、3倍時間が自由なんです。
今ほどオープンじゃなかったんで、こっそりとやってました。
最近は、キャバ嬢が夢だって子供がいるんだから世も末ですね・・・。

で、大学のとき、独学で秘書検定と簿記検定をとり、資格の学校にダブルスクールして
ファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取りました。
短期でやったバイトの影響で測量士の資格も取りました。
ちょっと、これがわたしの資格の中でも異例ですけど・・・。
その後、社会人になってから通学で行政書士をとり、通信で社労士をとりました。

以上が、わたしの資格マニア人生のあらましです。まあ、独学、通学、通信、全部やったんで、
経験談としては説得力があるんじゃないかと思います。
最後にとった社労士がもっとも難しかったのですが、DVD教材があったのでスムーズに学べました。DVD教材は最高です!ウルルンものです!

>>社労士に最短で合格するための勉強法とは<<